SK8INSOLL®︎4回転時代

フィギュアスケート選手の為に

開発された​インソール

国際特許出願中

​世界でオンリーワンの

フィギュア専用インソール!

IMG_3526
IMG_0661
IMG_0157
IMG_9935
9538CE27-64E9-4A06-B96C-62BEC319D51A
IMG_9851
semelle_beacom_2_800x800_crop_center
IMG_9850
IMG_3526
IMG_0661
IMG_0157
IMG_9935
9538CE27-64E9-4A06-B96C-62BEC319D51A
IMG_9851
semelle_beacom_2_800x800_crop_center
IMG_9850
SK8INSOLL® AXEL
​1ペア 9,800円​+税
通販で購入して靴に入れるだけ。
自分の滑る感覚に合わせたり
足にフィットさせる為に
オプションパーツでDIYもできます。
■初心者〜シングル練習中の方
■スケートインソールが初めての方
​■ケガの予防をしたい方
■ジャンプの高さを出したい方
​■扁平足やX脚が気になる方
​​…まずはこちらを購入
SK8INSOLL® AXELオーダーメイド
​1ペア 32,500円​ +税
予約来店して作成のオーダーメイドインソール。
​事前予約・毎月限定20足までの限定販売となります。
 
■ダブル・トリプルを練習中の方
​■週に4回以上練習する方
…AI(人工知能)姿勢・歩行分析測定後、3D足型を取り
 スケート競技用に完全カスタマイズします。
SK8INSOLL® AXELオーダーメイド
+下半身筋膜リリース・スポーツバイオメカニクスコンサルテーション
全てセットで54,000円+税
このパッケージに含まれるもの
■ A.I.歩行分析+足圧分析
■ SK8INSOLLオーダーメード作成
■ 筋膜リリース Fish +マッサージオイル、フォームローラー&ボール
■ 下半身筋膜リリース・ジャンプやスケーティングの課題点を
  スポーツバイオメカニクス分析して解決方法を提案します。

SK8INSOLL® only uses 

evidence based evaluation

SK8INSOLL®︎が

​世界中でスケーターに愛用される理由

国際特許出願中

とても単純なことです。フィギュアスケート用のインソール

SK8INSOLL®を使うと​、

どんな足の形をした方でもスケートの刃の上に足が

真っ直ぐ立つことができます。

SK8INSOLL®は他のスポーツシューズには無い

ハイヒール構造のスケートブーツを履いた時に

ぐらつきを抑え安定した滑りをサポートするように

独自に設計されています。

スケートは片足でバランスをコントロールしつつカーブで移動しながら、

回転、スピン、ジャンプをするスポーツです。

美しいスポーツですが、初心者がスケートをする姿をみてください。

バランスを取り立つことさえも非常に難しいのです。

フィギュアスケート選手は幼少時から練習を開始する必要があり、

基礎体力に加えバランスを上手に取る能力が早期から必要となります。

フィギュアスケートの歴史の中で、スケーターとして怪我をせずに

難易度の高いジャンプやスピンなどを将来できるようになるためには、

体の基礎を築くために1日何時間にもかけてひたすら氷上で円を描く

コンパルソリーの練習が、まるでクラッシックバレエのバーレッスンのように、

毎日スケート選手がコツコツと積み重ねる基礎練習でした。

コンパルソリーの練習を通して、スケーターはエッジをコントロールする方法を学び、体のポジションを覚え、遠心力に負けない体を作り、シニアの選手になっても確実に飛べるジャンプの回転を作り出すための基礎を学んできました。

しかし現在のフィギュアスケート選手は、コンパルソリーの練習をする時間が9割以上削られ、足や下半身が安定するように訓練される前に、難易度の高いターン、ジャンプ、スピン、そして多くのアクロバット的な動きを始めます。

スケート選手が将来シニア選手として活躍するために、本来は小中学生のうちは、

スケート競技のための体の基礎を築き上げるべきですが、実際は逆に体に負荷のかかる難易度の高いトリプルジャンプなどを小学生から練習しなくてはなりません。

 

これが現在のスケーターが怪我から自分の体、特にスケーターの命である足を保護するために、より適切な足のサポートを必要とする理由です。

足は全ての人の体の土台となる部位で、

自分の体を最も安定した状態でコントロールするためにはまずは足を安定させることが必要です。

スケートのようなバランスの悪い状態で技をしなくてはならないスポーツをする際に、

足のアーチが下がりプロネーションすると、体は自動的に外側に脛骨と腓骨をひねったり、

膝を後ろに押し付けてカウンターバランスを得ようとします。

(脛骨と腓骨の外部回転・反張足)

更には足関節のアンバランスを修正するために

股関節(骨盤)を傾けたり、回転させたり、

背骨をねじったり、肩に力を入れたり、

背中を丸めるなど、

体のどこかで釣り合いを取ろうとします

(足長差、側湾症)など。

想像してみてください、

骨格のまだ出来上がっていない子供の時から、

プロネーションした足のアライメントでジャンプとスピンを繰り返していくと、

大人になった時に体はどうなってしまうのでしょうか?

スケート選手を今も続けている私自身も、

アマチュア選手の頃から、常にオーバーユースの怪我に悩まされてきました。

自分も含めて殆どの選手は怪我をしてから対応を探します。

幼少時から体を怪我から守る画期的な方法はないか?

私がスポーツ医学・スポーツ科学を勉強した結果、

怪我予防には、まずは足のプロネーションを改善し、

アライメントを最適化することです。

そして、インソールのスケートでの活用を研究し、世界中で販売し続けて15年以上たった今、

私がパートナーのGary Beacom元オリンピック選手と研究し続け

て見つけ出した、新たなインソールの有効性は、

単に怪我予防だけではなく、スケートのスピードやエッジワーク、

そしてジャンプの高さや回転不足まで、

インソールで改善することが出来るということです。

怪我や技術でお困りの方は、

一人で悩まずに一度SK8INSOLL®を試してみてください。

なぜフィギュアスケート専用インソールを使うのか

そのために、以下の3要素についての科学的根拠が必要です。

インソールの

1)素材とその組み合わせ 

2)形状 

3)補強のつけ方とその目的

スケートをする時に、足はブレードの上にまっすぐ直角に立っている必要があります。

足がブーツの中で、内側にも外側にも傾かないようにしなくてはなりません。

一般的なアイスホッケー、スキー、ランニング用インソールは足の後方(かかと)で8割の体重を支える構造をしています。

一方フィギュアスケートのハイヒール構造の靴は、足の真ん中(舟状骨・立方骨・楔状骨)でサポートをする必要があります。我々は15年以上、カナダ・フランス・オーストリア・日本のスキーやアイスホッケー用インソールの技術者と

スケート用インソールの開発を試行錯誤しました。

スキーのように同時に両足を地面に着地している時間が長いスポーツに比べ

緻密なスポーツであるフィギュアスケートは、

片足で遠心力を利用して円運動をしながら、

数ミリのブレードの上に乗り体重を正確にコントロールする必要があります。

数ミリのブレードの上に乗り体重を正確にコントロールする必要があります。 

がスケート選手の役に立っているか、

ランやスキーインソールの職人が作る実証データの存在しない

インソールをスケートで使用する効果に疑問が多く残りました。

結果私たちが決断をしたのは

大規模な研究開発費を取り、医療機器メーカーや大学や政府の研究機関と協力し、

スポーツバイオメカニクス実証実験を開始することでした。

その結果、全て弊社が販売するインソールは数値データーを取得し、

スケートの滑走中にSK8INSOLL®が選手の足をスケートブーツの中でサポートをしているかどうか、

実証テストをしています。

第二の大きな問題は、私が欧米・アジア・

日本でインソールを販売してきて非常に気になることがありました。

私がインソールを販売するスケート選手の殆どは小中高校生の子供です。

使用中のインソールは長時間の練習で足に密着し、汗で濡れ変形したりします。

しかしながら、特に日本、中国、韓国、台湾などで販売・生産されているインソールの材料や接着剤は

人体に着用してよいかどうかの安全テストなどが行われていません。

MSDS(製品安全データシート)が公表されていない素材を使用しています。

多くの中国やアジアの安価な素材は、船舶や車の部品の一部として使用される目的で生産された

ポリエチレンやEVAをスポーツインソールの素材として使っています。

スポーツインソールはフランス、ドイツ、イタリアの靴づくり

の技術で100年以上かけて発達した技術であり、日本やアジアに技術が入ってきたのはここ20年です。

弊社が取引をしているドイツの素材メーカーは、ISO14001・ISO9001等の認定を取得しています。

更に最近の欧州のインソール業界のトレンドは、完全なオーガニック素材や自然素材を使用し

環境ホルモンやアレルギー物質が多く含まれるプラスチック製品(ポリエチレン、ポリウレタン、EVA)を

極力使用しない方向に進んでいます。

国内のインソール・靴メーカーは全くそのレベルに追いついていません。

フィギュアスケートのような美を追求するスポーツでは

毎日子供が体に身に付けるものの素材は重要視されるべきだと弊社は考えます。

SK8INSOLL®
は安全デー
タ認証素材を使用!

SK8INSOLL®︎​を使用している

海外・国内のお客様の声

6a0bb165-82ee-48fd-a772-386aa37a2c4c.jpg

踵の骨が大きく出っ張ってしまい痛くて練習ができませんでした。足の痛みを取るために様々なメーカーの靴やサイズも試したり、ヨーロッパ内の有名なスポーツ医を探しましたが、解決策は見つかりませんでした。SK8INSOLL®️を使うようになり、足首や股関節が上手に使えるようになった為、段々痛みが治まり、去年の全国大会で表彰台に乗ることができました。ありがとうございます。

(オランダ/全国ジュニア入賞

スクリーンショット 2019-09-29 20.11.07.png

練習をすると足の裏がしびれたり痛みが出て、長時間の練習が出来ませんでした。SK8INSOLL®️を使ってからは、足のしびれが取れ夏合宿などの練習量を休まずこなせるようになった為、今シーズンは練習量と質を増やすことが出来ました。

ーミリアム S

​(オーストリア/全国ジュニア入賞)

IMG_1669.jpeg

6歳の頃から5年以上名取さんにはお世話になっています。セルフケアなども指導していただきましたが、なかなか時間が取れず習慣化することが出来ませんでした。将来スケートを選手として続けていくためには扁平足・X脚を改善しなくてはならないと考えていたので、トレーニングシューズや通学靴もインソールをそれぞれ用途により素材や構造を作ってもらい使用しています。SK8INSOLL®️で扁平足・X脚を相当改善することが出来、都内の有名な足病医の先生にもまだまだ未発展な日本のスポーツインソール事情の中で、偶然出会いがあってラッキーだったと言われました。SK8INSOLL®️の北米やEU基準のサービスやオリンンピックスケート選手が開発した技術を国内で受けられることは非常に感謝しています。

ーK.S.

​(日本/5級)

78926602_490129414934577_492628690536602

SK8INSOLL®️を入れた瞬間、娘のスケーティングが1回で三倍くらい早くなり驚きました。また、ステップのキレも良くなり、レベル4やGOEプラスがもらえるようになりました。日本人らしいアーチのあまりないペタッとした足を諦めて放置していましたが、もっと早くSK8INSOLL®️を使用していれば2Aやトリプルの習得が楽だったのではないかと思います。

ーM.A.

​(日本/6

49155673_589446484819056_911680645506269

トリプルアクセルや四回転の練習を始めてから、EDEAのIceFlyを2週間に一度の割合でブーツが折れてしまったり、ブーツにシワがよってサポート力が無くなり、新品に取り替えないと練習が継続できない状態でした。SK8INSOLL®️を使い始めてからは

ブーツが半年以上持つようになりました。試合前にブーツを取り替える必要が無くなり、またブーツ代も節約出来てより一層練習に集中できるようになりました。

ーN.T.

(スイス/全国ジュニア入賞

14202523_1244307825620884_16359797430175

ジャンプが高いと子供の頃からどのコーチからも高い評価を得ていましたが、トリプルの練習をするようになってから膝の故障が続き、試合で毎回良い結果を出すことができませんでした。SK8INSOLL®️をSNSで見つけドイツまでオーダーメイドSK8INSOLL®️を作りに行きました。SK8INSOLL®️を作る時のAI歩行・姿勢分析やスケート動作分析結果を見て、今まで足首が使えず全て股関節を使ってジャンプの高さを出していたということがわかりました。一年に一度SK8INSOLL®️を作り変える際に、AI分析をすることで自分のジャンプ踏切のポジションの作り方や普段の姿勢について確認しています。またハイアーチだった足もかなり改善してきて膝の痛みがなくなりました。トリプルルッツが安定してショートに入るようになって来たので、今シーズンは世界選手権出場を目標として、安定した練習を続けられたら良いと思います。

ーアマンダ H

​(カナダ/国際シニア出場

足のスポーツマッサージ

スケートを10年以上続けていますが、だんだんO脚になってしまって、スケートでポーズを取っても見た目も悪いし日常生活でも美しくないので悩んでいました。もう遅いのかなとあきらめていましたが、SK8INSOLL®️やオーダーインソールを作り普段靴などもヨーロッパのサポート力がある良質な靴を選んでもらい使用し始めたら、半年でO脚が半分ぐらい改善しました。SK8INSOLL®️を使うことで、ダブルアクセルも楽に回れるようになり、トリプルも安定して来たので7級に挑戦するモチベーションが上がって来ました。

ーR.S.

​(日本/6級)

IMG_2934_edited.jpg

SK8INSOLL®️を使用するようになってから、安定して氷に立つことができるようになりました。ブラケットやカウンターなどの難しいターンがやりやすくなり、テストに合格できました。年を取ってもスケートを続けていける自信と安心感が持てるようになり、スケートがもっと楽しくなりました。

ーデボラ H

​(オーストラリア/アダルト

skater-3_400x.jpg

私は甲高足で、普段の靴には全て病院で作ったインソールを入れていますが、スケート靴に使えるOrthoticsやインソールが見つかりませんでした。SK8INSOLL®️を同僚のコーチの紹介で使うようになってから、長時間の氷上での指導をしても足の裏や腰の痛みが改善され、以前より指導が楽になりました。

ーS.D.

​(カナダ/コーチ)

IMG_0189_edited.jpg

繰り返す腰痛を断ち切りたいとクラブの理学療法士に相談したところ、推薦されSK8INSOLL®️を使っています。腰痛にSK8INSOLL®️が効果があるのか半信半疑でしたが、先シーズンは一度も練習や試合を休まずに今シーズンは世界選手権に向けて練習が続けられています。

ーS.M.

​(フィンランド/全国シニア優勝)

IMG_2230.jpeg

今まで苦労していた2Aが、SK8INSOLL®️を入れてから必ずクリーンで安定して飛べるようになりました。以前使用していたスキーの人が足型を取って作るインソールは、アーチの構造がかなり平べったい感じがして、あまりインソールを入れている効果が感じられなかった為、娘は数回使って使用しなくなってしまいました。また足首を上手に曲げないと踵に体重が乗ってしまい、ゴールドシールのロッカーがコントロールしずらい感じでした。しかし、SK8INSOLL®️を使用するようになり、その時の調子に合わせて娘が自分でパーツを足したり取ったりできるので、調子によってインソールを自分仕様にDIYして使いこなせるようになりました。

M.K.

​(日本/6級

28336538_1762801423778764_18251616600020

外反母趾が痛く、足の指の感覚があまりなかったのですが、SK8INSOLL®️を使い始めてから、靴の中で足の指が自由に使えるようになり、ステップやジャンプの踏切でより繊細な動きが出来るようになりました。今まで苦労していた3+3をショートに入れらるようになり、世界選手権やオリンピックでも順位をあげることができました。

ーニコル S

​(スロバキア/

世界選手権、オリンピック

 

opening  hours  

平日: 11am - 9 pm

土日祝: 7 am - 6 pm​​

Tel.080-6640-2029

E-mail. sk8insoll@gmail.com

​東京・海外拠点一覧

国内拠点

本社 原宿オフィス

SK8INSOLL Co. 本社

東京都渋谷区神宮前4-26-28-2F   事前予約のみ

神宮スケートリンク Shop

明治神宮外苑スケート場 

東京都新宿区霞ヶ丘町11−1

Odaiba Rainbow Lab

お台場ラボ

東京都江東区青海二丁目5番10号 テレコムセンタービル東棟14階 MONO内

10:00~18:00(土日祝日除く)

海外拠点

Germany​ Oberstdorf

ドイツ・オーバストドルフ スケートリンク内

Canada Toronto

​カナダ・トロント・Figure Skating Boutiqu店内

Italia​ Torino

イタリア・トリノ Monticone Sports店内

Finland​ Helsinki

​フィンランド・ヘルシンキ

Skate Shop Helsinki店内

c​©️SK8INSOLL®︎

SK8INSOLL®︎ Co. is the only one "Figure Skating Insole" company in the world. SK8INSOLL®︎ is Made in Japan. 

0